佐藤工務店

casa cagoカーサカーゴ

6畳のピースを組み合わせる自由な家

高い建築費を払いながら、物置と化す部屋がある。空いているのに、なぜか使われない場所がある。余計なものが多すぎる、これまでの家づくり。

そんな視点で開発されたcasa cagoは6畳のcagoを、暮らしに合わせて「組み合わせる家」。ライフスタイルにフィットした住まいが本当の豊かさを連れてくる。casa cagoで、より自由な人生を手にいれよう。

規律あるデザインが、美しさと強さと自由を生む

これまでの家づくりは、お客様がゼロからオーダーするか、メーカーが商品化した完成形から選ぶか、というごく限られた選択肢しかありませんでした。

casa cagoは、家全体を商品化するのではなく、一つひとつのピースから規格化し、 それを住まい手が組み合わせることで初めて完成する家。規律あるデザインが生む機能美と高い強度を備えた、住む人の理想を描ける自由な家です。

規律あるものからしか生まれない美しさと調和

casa cago を構成するのは6畳サイズのビース。6畳の倍数でつくるから、どのように組み合わせても、常に美しく調和のとれた落ち着きのあるフォルムができ上がります。

シンプルな設計だからこそ際立つ住まい手の個性

casa cago はとてもシンプル。余計な装飾やデザインをなくした分、まっさらなキャンパスのように、住まう人が自分の個性やセンスを自由に表現することができます。

完成した四角いピースだから地震にも強い

1つ1つが独立した四角いピースを組み合せて空間構成しているので、地震の揺れなどによる外力をバランスよく分散させ、優れた耐震性を発揮します。

街に、暮らしに、とけこむスタイル

海でも、山でも、どこへでも。暮らしたい場所を選べるcasa cagoは、どんなロケーションにも馴染む家。エッジのきいたデザインと、自然素材のぬくもりが融合した佇まいは、個性を主張しつつも景色にさりげなく調和します。そこにあるだけで周りの風景まで美しくしてしまう。

そんな知性と品格を感じさせる佇まいを目指しました。

ミニマルに生きる

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで、お客様が必要な形、必要な部屋数でつくる家をcasa cagoとして開発。

様々なシーンに合わせた必要なcagoを選ぶことで、ミニマルな生活を送ることができます。1cagoのキャビンからつなげる・かさねるなど多くのアイデアのcagoが実現できます。

オーナーインタビュー

サムネイル

casa cago #01|夫婦の思いを組み合わせた家

サムネイル

casa cago #02|犬も人も幸せいっぱいな平屋の家

「プラン」や「仕様・設備」など、
より詳しい内容が知りたい方は、公式パンフレットをご確認ください。