佐藤工務店

casa bassoカーサバッソ

長く住み継ぐ平屋の家

環境や家族構成、ライフスタイルが変化しても、住まう人にとって新鮮さを失わず、愛着を持って住み続けてもらえることをめざした平屋の家。

その特徴は自然体にしてモダン。凛とした佇まいを形成するシャープな切妻屋根、日差しを調整して暮らしを守る深い軒、屋根の形を内部に生かし、庭とつながる豊かな空間。

庭に面した窓の外側にはウッドデッキを設けることも可能。この縁側とも呼べる空間は、建築家・柳瀬真澄氏の「家の内部でも外部でもない、中間領域を大切に考えたい」という思いをかたちにした場所。だから、家のどこにいても季節や風、自然の音色を感じられる。

計算しつくされた秩序ある空間は、心地よさと同時に品格を感じさせる。
 

サムネイル

コンセプトはいつまでも長く住み継がれる家

現代の住宅の寿命は30年以上と長く、その年月の中でまわりの環境や家族構成、生活スタイルも少しずつ変化します。

それでもなお、住まう人にとって新鮮さを失わない家、愛着を持って住み続けてもらえることをめざした家が、このcasa bassoです。

家の中と外とのつながりを楽しむ、すべての無駄を省いた広い室内空間

平屋建てのcasa basso、家の外と中とのつながりを楽しめるように、室内は視野の広さを大切に設計しています。この広い空間はライフスタイルに合わせて仕切りながら使うことも可能。

LDKと庭との間にデッキを設ければ、雨の日の過ごし方にもさらに広がりが生まれ、心豊かな暮らしを思い描くことができそうです。

美しい軒の出とデザイン

深い軒は高い位置を通る夏場の日差しは遮り、低い位置を通る冬場の日差しは室内に取り入れる役目を持っています。

深い軒は夏の強い日差しを遮って室温の上昇を防ぎ、冬の柔らかな日差しは取り入れて室内に熱を取り入れる優れた環境調節装置。エアコンの稼働率が下がるため、光熱費の削減にもつながります。

オーナーインタビュー

サムネイル

casa basso #01|家族との距離感が近くなる平屋

「プラン」や「仕様・設備」など、
より詳しい内容が知りたい方は、公式パンフレットをご確認ください。